ベテラン研究者向けの情報

ドイツではトップレベルの研究者が求められています。ドイツはハイテク国であり、科学と研究はドイツの重要なリソースです。研究開発分野には約53万人が従事しています。ドイツの大学では30万人を超える研究者が大学教授、講師、助手、嘱託研究員や教員として働いており、そのうち約20万人は専従者です。外国人研究者は、学術、教育および研究の各面ですばらしい労働条件に恵まれています。
大学のほかに、何百という大学外研究機関が申し分のない研究機会を提供しています。ドイツの大学外研究機関の研究開発費は年に約100億ユーロにのぼり、その優に4分の3は自然科学と工学に支出されています。産学協同、応用研究、基礎研究において、研究機関のラボや研究施設では世界でもトップレベルの研究が行われています。ヘルムホルツ協会、マックスプランク協会(MPG)、フラウンホーファー研究機構、またライプニッツ協会(WGL)といった大学外研究機関は世界最高の研究機関に数えられています。研究は国際志向であり、研究チームのメンバーは世界中から集った人々です。